不妊症

妊娠が成立しない不妊症

避妊を伴わない性生活を送っているにも関わらず2年以上妊娠をしない場合を不妊症とよんでいます。

 

通常、健康な男女が結婚して避妊をせずに性生活もある場合、1年以内に80%前後、2年以内には90%ほどが妊娠するとされています。

 

そのため、2年経っても妊娠しない場合は不妊症とされるのです。

 

この数値から、夫婦の10組に1組が不妊症であると推定されていますが、実際は6〜7組に1組が不妊であるともいわれています。

 

晩婚化が進んだことが、不妊カップルの増加につながっていると考えられています。自然妊娠をしても高齢出産(35歳以上)にあたる場合、妊娠をしない期間は2年を待たず1年でもよいといわれます。

 

特に女性は高齢になるほど卵子も老化し、妊娠の確率が下がるためです。妊娠したとしても、染色体異常の確率も出産年齢が上がるとともに高まります。

 

ただ、不妊は女性にのみ原因があるものではありません。原因は男女ともにほぼ50%ずつの確率となっていますので、受診をするのであれば夫婦ともに治療に向き合う必要があるでしょう。

 

また、不妊治療を行ったとしても、妊娠する確率は100%ではないということも、覚えておくべきことかもしれません。

 

不妊の原因として考えられること

不妊の原因としてもっとも多いとされ、30〜40%を占めるのが卵管の障害です。

 

卵管が詰まっている、細いなど理由で卵子と精子とが受精できないのです。卵管は子宮の左右にあり、約10cmの長さがあります。

 

狭いところでは直径は1mmほどしかありません。不妊の原因になるだけでなく、受精卵が子宮に移動できず卵管に着床すると子宮外妊娠を引き起こしてしまいます。

 

排卵障害は不妊の原因の約25%を締めています。卵子が育たない、育っても排卵ができない状態のことをいいます。

 

生理不順と排卵障害とは密接な関係があるため、月経のリズムが整っていることは女性にとってとても大切です。

 

また、きちんと排卵をしていれば、排卵日を境として基礎体温が低温期と高温期にはっきりと分かれます。

 

子宮の異常が不妊の原因となることもあります。例えば子宮筋腫などです。

 

子宮筋腫は子宮にできる良性の腫瘍ですが、4人に1人は子宮筋腫を持っているともいわれます。筋腫が子宮内膜に近いほど、妊娠に影響がでます。

 

子宮頸管の通過障害は、精子が子宮の入口である子宮頸管を通過できないケースです。頸管粘液の分泌が少ないことや、精子を異物と認識して運動能力を低下させる抗精子抗体などが含まれます。

 

不妊症の遺伝と体質について

不妊症と遺伝の関係ははっきりとはしていませんが、身内に不妊症の人がいる場合は自身も不妊症になる可能性が通常よりも高いといわれています。

 

これは、不妊症そのものが遺伝するというより、体質の遺伝が大きな原因と考えられます。例えば、子どもの体格や顔つきは親に似ます。

 

妊娠しやすいかどうかも親に似るのは当然といえるでしょう。また、親と子では生活環境も同じようになることも関係しています。肥満は不妊の原因となりますし、親が肥満である場合、子も肥満であることはとても多いです。

 

現在のところは、不妊症は遺伝しないと考えてもよいでしょう。

 

自分の親が不妊症だった、そして自分も不妊症という場合でも、遺伝したからだと悲観する必要はありません。現在は6〜7組の夫婦が不妊症ともいわれていますから、遺伝ではなくたまたまだったと考えるべき場合もあるはずです。

 

また、遺伝とは少し異なりますが、先天性の不妊症というものもあります。代表的なものは子宮奇形です。

 

女性の5%ほどは子宮奇形ではないかと推測されています。いくつかの種類に分類されますが、中隔子宮は子宮内が壁のようなもので2つに分けられた状態です。

 

不妊症になりやすく、妊娠したとしても流産の可能性が高くなっています。

 

その為にも妊活から妊娠初期にかけては葉酸サプリの摂取は必須と言っても良いでしょう。

 

必読:葉酸サプリ110番
http://yousansapuri-110ban.jp/


このページの先頭へ戻る